ニュース

羽田空港

What's New from East Japan 羽田空港 最新情報をお伝えします。

2015/6/17

羽田空港国際線ターミナル ラッピングサービス開始

羽田空港国際線ターミナル ラッピングサービス開始羽田ではまだ馴染みのなかったラッピングが可能となりました。
主に海外からのお客様から喜ばれるラッピング。
羽田にはないの?とご質問を受けることが多く、羽田でもラッピングが可能となりました。

場所:国際線ターミナル出発3階 Zカウンター横 手荷物一時預り所
営業時間:24時間
お支払:日本円のみ(カード可)

料金設定
3辺の合計160cm未満1000円
3辺の合計160cm以上1500円
規格外(ゴルフバック・スキー板など)2000円


8月1日(土)よりカンタス航空 羽田毎日就航

QF26 / 羽田 22:30DEP ― シドニー 08:30+1 ARR (オーストラリア)
QF25 / シドニー 20:40DEP ― 羽田 05:30+1ARR

詳しいカウンター等に関しては後日アップいたします。

2013/10/7

羽田空港国際線カウンター名称変更のご案内

10月27日AM3:00より国際線ターミナル団体カウンターの名称が変更になります。

変更前:J団体カウンター
変更後:Z団体カウンター

場所は変更はございません。

MAPはコチラ>>

2013/07/16

TIAT SKY LOUNG 拡張工事に伴い移動のお知らせ

羽田空港国際線ターミナル拡張工事の関係でLOUNGEが一部移動しております。

●航空会社共用ラウンジ 出国後エリア4階(以前と変わらず)
●カード会社ラウンジ 出国後エリア3階へ移動となり仮営業

以前は同じ位置にあったLOUNGEですがカード会社ラウンジのみ
3階へ移動しておりますのでご注意下さい。

2013/04/23

GW羽田空港駐車場について

GWは羽田空港の駐車場が満車の為、長時間の待ち時間を強いられ、
集合時間に間に合わない、ツアーに参加できない等々の問題が起きております。

GW期間の駐車場は込み合う可能性がございますので、公共交通機関をご利用下さい。

また、自家用車をご利用の方は事前に駐車場の混雑状況のご確認をお願い致します。

①P1=第1旅客ターミナル(南側)
2,351台
 運営=日本空港ビルディング(株)
 ☎03-5757-8191

②P2=第1旅客ターミナル(北側)
2,343台
 運営=財団法人空港環境整備協会
 ☎03-5757-9498

③P3=第2旅客ターミナル
2,451台
 運営=財団法人空港環境整備協会
 ☎03-6428-9498

④P4=第2旅客ターミナル
2,425台
 運営=日本空港ビルディング(株)
 ☎03-6428-8194

(2)国際線
東京国際空港国際線駐車場管理室
2,247台
 ☎03-6428-0121
   ※7階増設中(2013年6月完成予定)


>> 羽田空港 国内線旅客ターミナルサイト
>> 羽田空港 国内線旅客ターミナルサイト >> アクセス

2013/04/10

羽田空港国際線 カウンター移動のご案内

4/12日03:30より
2014年度の再拡張に向けての工事に伴い
弊社団体カウンターの場所が変更となります。
カウンター番号については変更ありません。

4/12日03:30以降の弊社団体カウンターの場所 >>

2012/11/20

トラベルイヤホン 羽田空港返却場所の変更

羽田空港国際線ターミナルの増築工事に伴い、トラベルイヤホン返却窓口(JALエービーシー)が移動となります。
11月30日(金)より、検査場出口より向かって左手でしたが、右手奥のエレベーター横になります。

ご出発前の添乗員さんへ、ひとことお伝えいただけますようよろしくお願いいたします。

下記リンク
羽田空港国際線ターミナル到着階『JALABC宅配カウンター』内トラベルイヤホン返却窓口

2012/05/24

羽田空港の事務所が6月1日から移転いたします。

  • 【住所】
  • 〒144-0041 東京都大田区羽田空港3-3-2 第1旅客ターミナルビル5階中央
    50300室(郵便物 羽田空港郵便局 私書箱27号)
  • 電話番号は変更はございません。

尚、新事務所は日本空港ビルディングの制限区域内となる為、一般の出入りができません。
事務所訪問の際は、事前にご連絡をいただきますようお願いします。

2012/2/2

ガルーダ・インドネシア航空 羽田線 就航決定!

2012年4月28日より羽田-デンパサール(バリ島)間が就航します。
羽田発GA887毎週月曜日・水曜日・金曜日・土曜日・日曜日の週5便で運航
マイレージ*大韓航空と提携

【スケジュール】
羽田01:00発 → デンパサール(バリ島)07:00着
デンパサール(バリ島)15:30発→ 羽田 23:30着

デルタ航空 羽田-デトロイト線 運航再開!

2011年9月から一時運休していました羽田―デトロイト間が
2012年4月27日よりDL627 6:55発のデイリー運航で再開します。

アメリカン航空 羽田-ニューヨーク線 運航再開!

2011年9月より一時運休していました羽田―ニューヨーク間が
2012年6月3日よりAA134 6:50発のデイリー運航で再開します。

詳しいカウンター情報等につきましては後日更新します。

2011/10/6

【全日空便 フランクフルト線 運航決定】

羽田-フランクフルト線が2012年1月21日より運航が決定致しました。
1月中は週3日(月・木・土)での運航、2月1日より毎日運航と変わります。
使用機材はボーイングB787-8型機を使用する予定(Cクラス46席、Yクラス112席)

HND→FRA NH203(LH7237)  01時00分発/05時25分着
FRA→HND NH204(LH7236)  11時15分発/翌日06時45分着

2011/07/22

【第1ターミナルビル改装】

第1旅客ビルが、17年の長きに渡る沈黙をやぶり、今年3月からリニューアルに向けて工事が開始されました。完成は今年の9月を予定しています。
大きく変わるのは、2階の『出発ロビー』『出発ゲートラウンジ』『旅客コンコース』そして、6・7階の『展望デッキ』です。
総事業費、約70億円をかけ新しく進化する第1ターミナルビル・・・
この工事の完成により、さらにまた一歩世界に誇れる空港へと生まれ変わります。

【第1旅客ターミナル2階出発フロア 時計台番号変更】

7月1日より時計台の撤去・改修され番号が変わっております。
従来、各ウイングに4台あった時計台は2台と変わり、南ウイングに1・2番時計台、北ウイングに3・4番時計台となっております。
時計台をご集合場所でご利用される場合は一度ご確認下さい。

【ソラシドエア】

7/1からスカイネットアジア航空は、新ブランド「Solaseed Air/ソラシドエア」を導入しました。
旅客案内表示など全ての表示もそれに伴い変更となりますが、3レターコードのSNJは変更していません。
カウンターも従来と変わらず第2旅客ターミナル2階 1番カウンターとなります。
同社が今年度から導入する新型機「B737-800」の営業運航は7月15日より開始しており、これまでの「B737-400」よりも全長が3メートル長く、座席数は24席増えて174席となります。この新型機はこれからも、11月と3月に1機ずつ、さらに2012年度にも3機を導入する予定になっています。
新ブランド名の「Solaseed Air/ソラシドエア」には、空(Sola)から笑顔の種(seed)を振りまくという意味と、音階の(ドレミファ)ソラシドとかけて、空へと上昇していくイメージも表しています。
現在羽田からは、宮崎・熊本・長崎・鹿児島・大分ですが、多くの地域に笑顔の種を振りまいて欲しいですね。

2010/10/21

羽田空港国内線JAL受付カウンター番号の変更について

羽田の国内ターミナルが一部リニューアルされており、その関係で
団体のセンディングカウンターの番号も変更となっております。

【南】
(旧)11番 (新)16番
【北】
(旧)74番 (新)76番

急遽の変更のため日本航空で下記の対応をしております。
1.新しい番号の下に、貼り紙で旧番号を表示
2.ポスタースタンドにて「番号変更」の案内を表示
3.応急措置として、実施している①の表示を、紙ではなくアクリル板等で、
 新番号・旧番号が併記されたものを作成予定(数ヶ月間表示)

2010/09/29

新国際線ターミナル新情報 第三弾

羽田空港新国際線ターミナル供用開始まで1カ月を切りました。
ニュースなどで取り上げられておりますが、羽田空港内にも広告などが目に付き始めています。国内線第1ターミナル到着ロビー内にはオープンまでの日数が記されている掲示板が設置され、前を通る度にオープン日が、刻々と近づいていると感じる毎日です。

多くの方が利用されることとなる交通手段には、京浜急行電鉄の『羽田空港国際線ターミナル駅』と東京モノレールの『羽田空港国際線ビル駅』共に駅を設けておりますが、駅名がそれぞれ異なる為にご案内には注意が必要となります。
就航を予定している便の出発時間が決まり、今後羽田空港は24時間空港と変わります。それに伴い当社受付も24時間体制となります。

9/22付のWhat's Newでもご案内しました通り、新ターミナル内での当社受付カウンターが決定しましたので再度ご案内いたします。また、看板サイズも変更となりますのでご準備の程よろしくお願いいたします。

10月21日より
◇カウンター名称
羽田空港国際線ターミナル3階出発ロビー
「J団体カウンター 9番~10番  ○○○○看板前」
羽田新国際ターミナル 羽田新国際ターミナル
カウンター番号横の行燈に当社のロゴが入る予定です。
◇看板サイズ
「横39.8cm×縦8.5cm」裏面マグネット式の看板を使用 
 
出発ロビーはA~Jカウンターまで設けられており、旅行会社団体カウンターは両端にA・Jカウンターとなります。(当社カウンターはJカウンター)B~Eカウンターまでが全日空系、F~Iカウンターまでが日本航空系が利用予定となります。新たな情報が入り次第、随時更新いたします。

2010/09/22

羽田空港新国際線ターミナル集合カウンターのご案内

さて、10月21日より供用開始となります羽田空港新国際線ターミナルの集合場所、 看板サイズ及び緊急連絡番号等を下記の通りご案内申し上げます。各関係部署の皆様へのご案内方々、宜しくお願い申し上げます。

◇集合場所
羽田空港国際線ターミナル3階出発ロビー
「J団体カウンター 9番~10番 ○○○○看板前」

◇当日の緊急連絡先(対応時間)
【通常営業時間】
6:00~22:00 Tel:03-5757-4981 (現在と変更なし)
【深夜対応時間】
22:00~6:00 携帯:080-5028-4979(出発当日に限る)
 
◇看板サイズ
「横39.8cm×縦8.5cm」 裏面マグネット式の看板をご用意ください。
吊り下げ看板に貼り付け。上限2段、横3枚の合計6枚貼り付け可能サイズ。

2010/05/06

羽田空港第2ターミナルビル増築情報

全日空・エアドゥ・スターフライヤー(一部路線)でご搭乗のお客様が利用される、第2ターミナル増築工事は、2008年に着工され、今年2010年度内の供用開始を目指しています。
増築工事は南側の本館部分で、出発・到着ロビーを増床する他、出発保安検査場・到着手荷物ターンテーブル・商業施設などを増やすなど、ターミナル内は今まで以上に利便性・快適性・機能性の向上に力を入れているとのこと。

第2ターミナル増築に伴い、同ターミナルの正面に位置する立体駐車場P4も、以前の新築工事から更なる建設工事に着手し、約1,600台を収容できる駐車場へと変わる予定です。
この秋、開港予定の新国際線ターミナルと同時に第2ターミナルビルも一部新しくなって羽田空港の利用もますます便利になりそうです。

2010/03/11

羽田空港—浜松町 モノレール工事

4月10日の土曜日、羽田空港国際線ビル駅新設に伴い、東京モノレール(羽田空港第2ビル〜浜松町間)で工事が行われます。
13:00頃から終電まで、
昭和島〜羽田空港第2ビル間は運休
浜松町〜昭和島間は折返し運転となり、本数が減ります。

(昭和島のひと駅浜松町寄りの)流通センター駅から、羽田空港第2ビル間は代行バス運転がありますが、途中駅に降りない場合は他の交通機関を利用した方が良いかもしれません。

また、当日の13:00前後は快速運転がなく、普通運転となりますので、お時間に余裕を持って、ご集合されることをお勧めいたします。


詳しくは、東京モノレール
http://www.tokyo-monorail.co.jp/

2010/01/19

羽田—北京線 スケジュール変更

JLとNHの出発時刻が入れ変わりました。

2010年1月17日〜2010年3月27日 運航スケジュール
中国国際航空 CA184便(NH5731)  8:30発 → 11:20着
全日空 NH1285便 10:30発 → 13:35着
日本航空 JL8823便 9:30発 → 12:35着
中国国際航空 CA182便(NH5729) 13:50発 → 16:40着
(2010年3月28日より運航スケジュールが変わります)

2009/10/23

羽田から北京へ

10月25日から、JAL、ANA、中国国際航空が羽田—北京線を運航開始します。(中国国際航空は全日空との共同運航便)
各航空会社合わせて1日4便で、毎日運航するため羽田からの国際線がますます便利になります。
現在羽田空港のターミナル内では、北京線運航開始のポスターが多く見受けられ注目されています。
羽田からの国際線はソウル(金浦)、香港、上海(虹橋)ですが現在どんどん運航が拡大されているのも特徴です。
北京線はビジネスに適した発着時間のため出張は大変便利です。
またご旅行されるお客様にとっても午前出発便もあるので時間を有効にお使いいただけます。
これから北京へ向かわれる予定があるお客様は羽田からご出発されるのもおすすめです。
2009年10月25日〜2010年1月15日 運航スケジュール
中国国際航空 CA184便(NH5731)  8:30発 → 11:20着
全日空 NH1285便 9:30発 → 12:35着
日本航空 JL8823便 10:30発 → 13:35着
中国国際航空 CA182便(NH5729) 13:50発 → 16:40着
(2010 年1月16日より運航スケジュールが変わります)

2009/07/22

新国際線ターミナル新情報 第二弾

羽田新国際ターミナル
羽田空港新国際線旅客ターミナル建設の進行状況を報告致します。
今もなお2010年10月の羽田空港新国際線旅客ターミナル開港に向け建設が着々と進んでおりますが、その建設状況をモノレールの車窓から間近に見ることが出来ます。
今回車窓から撮影した写真を紹介します。

数ヶ月前はまだ土台も出来ていなかったのですが、今では立体となりターミナルがわかるまで進んでおります。
ターミナルに隣接される立体駐車場も徐々に姿を現し、モノレールの新しい支柱も着々と増え、位置を見渡すことが出来ます。

羽田空港にはこれから完成予定の新国際線ターミナルの他、第1・第2ターミナルがありますが、それぞれのターミナルビルにコンセプトが付けられております。
第1ターミナルは「陸」・第2ターミナルは「海」そして新国際線ターミナルは「空」だそうです。
「空」をコンセプトにした新国際線ターミナルの屋根は「すじ雲」をイメージされた設計になっているので、完成後はターミナル内やモノレールの車窓からターミナルを楽しむことが出来るそうです。
来年10月の完成まで随時、新国際線ターミナルの進行状況を掲載していこうと思っております。
羽田新国際ターミナル 羽田新国際ターミナル

2009/07/06

JALの団体搭乗券がバーコード式に変わりました

6月下旬より日本航空の団体搭乗券(お客様の名前印字がない搭乗券)も二次元バーコード式に変わりました。
それにより保安検査場通過方法が変わりましたのでご案内いたします。
従来の二次元バーコードは携帯電話・チケットレス(用紙)で使用されておりましたが、団体搭乗券左横にある二次元バーコードをかざして保安検査場を通過し、搭乗口へ向かうようになります。
搭乗口においては従来どおり、搭乗券を改札機に通して通過します。
今後、搭乗方法も変わる可能性がありますので順次アップしていきます。

2009/04/21

羽田空港に新ショップが次々とオープン

昨年末から今年にかけて羽田空港には次々と新ショップがオープンしております。
今回はその中から3店舗の紹介を致します。

【丸福珈琲店】
昨年12月、第1ターミナル1階到着ロビーに「丸福珈琲店」がオープンしました。
創業は昭和9年、大阪に本店があり、独特の自家焙煎と秘伝の抽出による芳酵香味にこだわり続ける、浪花の老舗珈琲専門店といわれています。
コーヒーのほか軽食やスイーツも揃っており、モーニングセットをはじめ、11時から14時までのランチセットや14時からシェフセット(ディナー)のお食事が楽しめます。
場所は館内中央に位置し便利でわかりやすくなっております。
禁煙席と喫煙席に分かれておりますので、愛煙家もそうでない方もゆっくり寛げる場です。

【Tokyo’s Tokyo】
今年2月、第2ターミナルマーケットプレイス3階にデザイン性のある雑貨・ファッションのお店「Tokyo’s Tokyo(トーキョーズトーキョー)」がオープンしました。
こちらのお店は「東京を編集する」「お土産」をキーワードに羽田空港を利用されるお客様に気に入って頂ける雑貨などがそろっております。
注目の点はオリジナルのスタッフユニフォームで「THEATRE PRODUCTS」製。
アート的・個性的なユニフォームなので、是非お店に入られた際にチェックされてみてはいかかですか?
オリジナルグッズはこれからも新商品が増えるそうですよ。

【LACOSTE】
今年3月、第1ターミナルマーケットプレイス3階にフランスを代表するファッションブランド「LACOSTE」がオープンしました。
御存じの方も多いと思いますが、LACOSTEはワニのマークが特徴でポロシャツを始めシャツなどが有名ですよね!
羽田空港店では紳士・婦人服のほか、子供服やバッグ・雑貨なども取り扱っております。

といった新ショップが次々オープンしています。
これからも取り上げ報告していきますね。
お問い合わせフォーム センディングフォームボタン ミーティングフォームボタン  
  1. ホーム
  2. >ニュース
  3. >羽田空港